ヨガと腹式呼吸の難しさ

            

ヨガと聞くと、女性がスタジオやジムに通ってインストラクターに教わりながらやるというイメージがあります。私も本当はプロの方にヨガを教わりたいという気持ちはあるのですが、小さな子供がいて時間的に余裕がないため、今は自宅にあるちょっと懐かしいWiiFitでヨガをやることがあります。

ヨガはストレッチのようにゆっくりな動きなので、さほど難しくはないだろうとタカをくくっていたのですが、それは全くの間違いでした。体が硬い私は、まずポージングを決めてそのまましばらく静止することが最大の課題なのです。特に三角のポーズという頭とつま先、そして手先で三角形を作るポーズはもう体がボキッと折れてしまうのではないかというくらい最初は苦しかったです。それでもこのポーズは便秘や腸の働きに効果的だと知って、頑張ってマスターしました。

ヨガを始めてほどなくしてポージングはなんとかできるようになってきました。初めは片足で立つダンスのポーズや立木のポーズなど、何度挑戦してもヨロけてすぐにポーズが乱れていましたが、諦めずにやり続けるときちんとできるようになるものです。

しかし、またしても難関が待ち受けていました。ヨガというのはポーズを決めるだけではなく、その間に腹式呼吸をしなくてはならないんですよね。これがまた難しいのです。ポーズをキープするだけでも必死なのに、その上呼吸も意識しなくてはなりません。ポージングに必死な故に私はついつい呼吸を止めてしまっていることに気が付きました。ポーズと腹式呼吸を同時にこなすことがヨガの難しさだと感じています。

でも、ヨガをやり終えた後のなんともいえない体の心地よさが大好きです。縮まっていた体が伸びて、血液の循環が良くなるようなあの感覚がとても心地よいのです。難しいけれど、今後もヨガには挑戦し続けるつもりです。

 ヨガ関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です