暑すぎて挫折!ホットヨガは上級者向け

            

ホットヨガに初めて挑戦したのは、今から3年くらい前のことでした。
当時はヨガが流行しており、なかでもホットヨガができれば、中級者扱いされるような、そんなイメージがあったのです。
それまで自宅で半年ほどヨガを続けていたので、そろそろ腕試しにホットヨガをしてみたくなりました。
自宅から3駅ほど離れた街にできたヨガスタジオに出向いて、友人と一緒にホットヨガを受講することに決めたのです。
初回は見学を兼ねてスタジオを見せてもらい、1クラス10人程度だったので比較的スペースに空きがあるように思えました。
これなら狭くて腕や足が伸ばしにくいトラブルもなく、リラックスして挑めるような気がしたのです。
でも数日後に友人と初めてクラスに入った時、前日までの油断を思い知ることになりました。
外から見ただけでは分かりづらいですが、部屋の中は砂漠のように暑くて息もできないほどだったのです。
それに昼間は人が少なくても、夕方から夜にかけては大勢の人がつめかけ、かなり狭いスペースでやらされました。
何もしなくてただそこにいるだけで汗がダラダラ出てくるし、1ポーズとるのに大量の汗が顔から出て大変でした。
ホットヨガは甘いものではなく、中級者どころか上級者向けのものだと痛感させられました。
結局、私と友人は3回くらいホットヨガの授業を消化したけれど、その後は通常コースに戻ることにしたのです。
今でもヨガを続けていますが、まだホットヨガができるほど上達しているとは思えず、再挑戦はまだ先になりそうです。
いつかあの暑い部屋の中で、体力に余裕をもって挑むことができればと考えています。

 ヨガ関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です